日焼け止めについての知識を知っておこう

使う時に気を付ける点

日焼け止めをより効果的に使うためには、私用する際にいくつか気を付けておきたいポイントがあります。まず日焼け止めはいつまでも使えると思われがちですが、実は使用期限があり、その期限を越えてしまっている物を使うと肌荒れになってしまう場合や、日焼け止めの効果が低くなってしまう場合があります。使用期限は未開封ならば3年ほど、開封した後は1年程度とされており、もし1年前の日焼け止めが残っていたとしても、開封済みであれば使わずに処分してしまった方が良いでしょう。

また、夏に日焼け止めを使う時に注意しなくてはいけないのが、汗や皮脂によって日焼け止めが落ちやすくなっているため、小まめに塗り直しをしなくてはいけないという点です。夏場は多くの女性が日焼け止めを使いますが、一度塗っただけで良しとしてしまう場合が多く、汗などによって日焼け止めが落ちてしまい期待していた効果が得られなかったという場合があります。夏場に日焼け止めを使う場合は小まめに塗り直しをし、日焼け止めの効果が薄れないように気を付けましょう。

日焼け止めの量についても注意する必要があり、少なすぎると望んでいた効果を得る事はできません。適量がどのくらいなのかは商品に明記されている場合が多いので、使用する前に適量がどのくらいなのかを確認しておきましょう。多すぎても少なすぎても望んだ効果を得る事は難しいため、どのくらいの量が必要なのかを知っておく必要があります。